確定拠出年金のはなし


本日はこちらの書籍

f:id:asakathu:20170521021721p:plain


確定拠出年金について

基本的な知識が知りたかったので

読んでみました。

尚、この書籍の後半は大江英樹さんの

投資ルールの説明が主であった為

前半部分の内容のメモを載せます


-------------------------------------------------------


確定拠出年金(個人型DC)

   老後資産をつくるための最強の手段


   2010年の10月にスタート

   最近になって、注目されている

   この遅れには本元の国民年金基金連合

   のPRが足りない事が挙げられる


   アメリカではDC(Defined Contribution Plan)

   という。本書中、確定拠出年金という

   表現ではなくDCと表記。


 DCには2種類ある

  企業型DC   退職金制度にとってかわる

                         会社が潰れても大丈夫

  個人型DC 

      ●所得控除   掛け金分

         年末調整、確定申告で税金が戻る

         60歳まで下ろせない

  一般サラリーマンの

  最大掛け金:月2万3千   年27万6千

  課税所得400万が30年maxで掛けた場合

  252万の税控除(一年で8万4千)


     ●投資信託の運用手数料が安い


  今後日本でDCが必要な理由

  老後を支える三本足

      公的年金   企業年金   自分年金

   

  人口が、減少していく時代においては

  企業の規模や利益は減少する

  →公的年金企業年金はアテにならない


  自立心が強いアメリカでは

  自分年金つまり自助努力であるDCは

  1970年代後半にすでに始まっていた


  同じ流れが、日本にも出始めてきた


 

-実際に運用- 

  「制度への加入」→「資産の運用」→

    「メンテナンス」→「年金を受け取る」


●運営管理機関(金融機関)に口座をつくる

    

    🗝選ぶポイント

      1.商品の種類と、品揃え

      2.運営管理手数料(口座管理手数料)

      3.投資信託保有コスト(信託報酬)


  1→運用する対象の商品タイプが揃っている

     アセットクラス

     国内株式型、国内債券型、

     外国株式型、外国債券型


     長期投資するには分散投資が前提

     30年に2〜3回リーマンショック

     バブルの株高も十分ある


 2→口座開設料    多くは2777 〜 (6017)

 口座管理費用

    国民年金基金に払う手数料   年1236

    信託銀行への手数料    年768

    金融機関への手数料   年0〜5700


3→元本保証ではなく投資信託を活用 前提

   投資信託の信託報酬

       保有している間かかる手数料

   インデックス型で0.2〜0.7

   22〜60の38年 月2万で運用

   信託報酬累計金額

   0.2%  35万5千680

   0.65%  115万5千960    その差80万


  💡「確定拠出年金ナビ」

     口座管理費用、商品の種類を

     一覧で比較できる 他

    *加入資格の有無

    *税控除額のデモ

    *手続き案内

    *金融機関選びの実例

                                            が参照できる



 本書のオススメ商品

    野村証券   品揃え、コスト安

    SBI証券

    スルガ銀行

    りそな銀行  コスト安 国内


   今後も信託報酬の引き下げや追加が続く


●運用

       2014年12月 確定拠出年金の実態調査

           約6割が定期預金などの元本保証型

        →もったいない

        →投資で資産を増やす考えを

            持って欲しい。思ったより

            難しくないから。


  インデックス投資で市場全体を買う→

  毎月一定金額の掛金で購入する→

  多少の調整を行いながら 60歳まで保有

  60歳から少しづつ換金していく(goal

  …60歳になった時点でリーマンショック

  のような大恐慌起きたら分からないので

  換金(売却)には 多少の判断が必要


  後編。著者の投資ルールに続く。


番外編メモ

☆NISA 少額投資非課税制度

    運用した結果の利益に対して税金ゼロ

    本来は20%

    いつでも売却し現金化可能

    掛け金の税控除は無い

    年間120万期間5年の最大600万

    投資のための制度。

    よって元本保証ではない。


☆日本の年金制度 3階建

    基礎年金  厚生年金  企業年金


国民年金基金

   掛け金の枠は個人型DCと同じ

   所得税控除枠

   利率は1.5% 加入時点での予定利率が固定

   将来の物価上昇に対応できるか


☆公務員の年金制度の変更

   基礎年金  共済年金  職域加算部分

   2015年10月から、

   共済年金が厚生年金に吸収

   職域加算部分廃止が、替わりに

   年金払い退職金給付という制度ができた

  当面の退職給付水準を下げる方向へ


  公務員は給料は低いが退職後に手厚い

  流れは無くなるかもしれない

  →個人型DCを使えるようになった


--------------------------------------------------------


   自分なりの投資ルールや

   用語に強くなる必要が有りそうだ。


   インベスターZを一通り

   読んで行きます。